肝機能とお酒の関係~肝臓をいたわる大切さ

肝機能とお酒の関係~肝臓をいたわる大切さ

肝機能とお酒との間には非常に密接な関係があります。もちろん、お酒そのものが体に悪いというわけではありません。実際、適度な飲酒はストレスを緩和させたり、イライラする気持ちを静めたりと、体にとって良い影響を及ぼすことができると言えるでしょう。しかし、適量を超えて過度に飲んでしまうことなら、問題を引き起こす可能性が高くなってしまいます。
例えば、肝臓が一晩で消化分解できる量を超えて飲酒してしまうと、肝機能に障害をきたすことさえあります。こうして肝臓が消化分解できないほどのお酒を飲むことを習慣にしてしまうとしたらいったいどうなるのでしょうか。肝機能を低下させ、場合によっては肝臓がんや胆管がんといった病気を引き起こす確率を高めてしまうことがあります。そこでぜひとも注意したいのが、肝臓をいたわることです。
大事な肝臓をいたわる正しいお酒の飲み方をマスターしましょう。そのためには、自分の適量、つまり自分の肝臓が無理なく消化分解処理できる量をしっかり見極め、その量を超えないような飲酒をこころがけることができます。こうした点に注意して飲酒するなら、大事な肝機能を低下させることなくお酒を楽しむことができるでしょう。

ホーム RSS購読